欲しい定電流回路って

2014年1月12日 by admin | Filed under 未分類.

 妙楽堂電子パーツショップへ繰り返し来る質問に「LED駆動回路、これでいいでしょうか?」ってのがあります。多くは、12V(車)に5mm砲弾型など20mAくらいのLEDをつけるというシーンです。
 で、本当に12Vなんだったら、最小VFの合計電圧を12から引いて、抵抗で処理すべき電圧を求めてってやるんでしょうけど、車のバッテリー(+発電機)の電圧ってのは、バッテリーの状態にもよるけど、それほど安定していません。少なくとも10.5V~15Vくらいは考慮しておく必要があるように思います。(経験上)

 そこで、登場するのが「定電流回路」なんだけど、いいのがなかなか無いようで。12Vで白色LEDや青色LEDを点灯させるなら、1ラインに3個が限界だし、実際に点灯させたいLED数はもっと多いことが殆どのようです。すると、カレントミラー的な回路もいることになりますね。

cap071

こんな回路を考えてみました。NPNで組むほうが多いと思いますが、GNDがコモンになるようにPNPにしてみました。回路はトランジスタによる定電流回路と、そのカレントミラーです。シミュレータにあるグラフは、電源電圧の変動に対する、D1(発光ダイオード)の電流を表しています。

こんな基板作ってみるかなあ。

← Previous