MCP4251デジタルポテンショメータ発売開始

2012年9月19日 by admin | Filed under 未分類.

 使われているをあまり見かけませんが、とても便利なICです。簡単に言ってしまうとマイコンから電子的に制御できるボリュームです。VRは受動部品ですから、耐圧の範囲であれば何ボルトかけても大丈夫ですが、電子ボリュームは電源の内側でしか動作しません。また流せる最大電流も決まっています。

 形は写真の通り14ピンのDIPです。ここに2回路分の電子ボリュームがついています。抵抗は50Kオームで、分解能は8ビットです。入力信号の減衰にも使えそうですし、オペアンプの負帰還に入れてゲインを替えるなんてこともできそうです。一般的なDAコンバータよりは安いので、分解能8ビットでよければDAコンバータの変わりとしても使えます。

デジタルポテンショメータMCP4251。1個200円です。

← Previous